きよさと移住情報
kiyosato-e10.com

2020年7月30日木曜日

豪華観光列車『ロイヤルエクスプレス号』が清里町にやってきました!!

 この夏、北海道を周遊するクルーズトレイン『ロイヤルエクスプレス号』の試運転が始まり、昨日7月29日(水)、釧網本線を走り清里町にやってきました。
 15時少し前に、JR清里町駅を通過していきました。その様子を撮影してきました。今回は試運転なのでお客様は乗車していません。
(素人撮影につきブレが酷いですが、何卒ご容赦ください。)


 清里町駅は残念ながら列車は通過してしまうので、車両をじっくりと観察することができませんでした。そこでこの後、列車の次の停車駅である知床斜里駅へ向かいました。

 知床斜里駅周辺では、鉄道ファンや観光客、新聞社のカメラマンの方など、すでに多くの人がいて、普段は見られない豪華で斬新なブルーの車体にカメラを向けていました。
 私も早速、撮影開始です。


 先頭はDE15形というディーゼル機関車が重連(2両連結)で列車を牽引します。黄色一色で塗装された車体が目を引きます。
 
 ディーゼル機関車の次に連結されている白い車両は「電源車」です。『ロイヤルエクスプレス』は直流方式の電車なので、直流電化されている路線でしか自走できません。北海道は多くの路線が非電化で、札幌近郊の電化区間も交流方式ですので、北海道内では『ロイヤルエクスプレス』は自走できないのです。そこで、前述のディーゼル機関車が牽引するわけですが、架線から電気の供給を受けられない道内では、列車内で使う電力がまかなえないため、発電機を搭載した「電源車」が必要なのです。

 以下は、『ロイヤルエクスプレス号』の写真です。ディーゼル機関車2両、電源車1両、そして『ロイヤルエクスプレス』の車両が5両の合計8両編成の長い車体は、プラットホームの長さでは収まりきらず、はみ出して停車しています。知床斜里駅は普段は1両か2両の普通列車しか走っていませんので、とにかく圧倒的な存在感でした。


 よく見ると中央に「HOKKAIDO CRUISE TRAIN」のロゴが入っています。

 『ロイヤルエクスプレス』は、2017年から横浜駅-伊豆急下田駅間で運行されている観光列車です。今回、この豪華な車両を使って北海道を周遊するクルーズトレインが運行されることになりました。『ロイヤルエクスプレス』の運行は、2020年夏に計5回が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた万全の準備に時間を要することから、初回(8月14日発)と2回目(8月21日発)の運行を中止し、3回目(8月28日発)から運行されるということです。その後、4回目(9月4日発)と5回目(9月15日発)が、それぞれ3泊4日の日程で運行される予定です。清里町内での「初運行」は8月29日(土)になる予定で、今から本番の運行がとても楽しみです。

 ちなみに、今回運行される『ロイヤルエクスプレス』の3泊4日の旅行代金は、ひとりあたり税込68万円(2名1室利用の基本料金)。1回の運行あたりの定員は30人で、2020年運行分は計150人の応募枠に対し、のべ1232人の応募があり、当選倍率は平均約8.2倍だったそうです。

2020年6月1日月曜日

【さくらの滝】午前と午後 サクラマスのジャンプを観察しました

北海道・清里町にある「さくらの滝」
 毎年7~8月に川を遡上するサクラマスの滝越えジャンプが見られます。
 先週、5/26(火)のトピックス及びスタッフブログで今年のジャンプが始まったことをお知らせさせていただきました。
 今日は6/1(月)です。週末(昨日、一昨日)の清里町は最高気温が30℃近くまで上がり、季節外れの暑さとなりました。そこで、サクラマスの活動の様子を同じ日の午前と午後の2回、現地で観察してみることにしました。

↓まずは、【午前の部】2020年6月1日 午前10時20分頃に撮影した動画です。
 すでにこの時点で気温は20℃を超えていましたが、午前中はまだ水温の上がり方が鈍いのか、活動はやや低調のようです。動画の約1分間で6~7匹といったところでしょうか。

↓続いて、【午後の部】2020年6月1日 午後4時20分に撮影した動画です。
 この日の最高気温は24℃まで上がりました。比べていただくとその差は歴然で、午後、それも夕方4時頃になると、水温が上昇してサクラマスの活動が活発になり、動画の約1分間で50匹弱と、見ごたえのあるジャンプが見られました。

 ということで、さくらの滝の来訪を予定されている方には、気温が上がった日の午後、それも夕方4時ごろにご来訪いただくことをおススメいたします。

 ただし、天気の悪い日、日中の気温が低かった日は夕方でも見られないことがあります。自然現象ですので、何卒ご理解の上、ご来訪ください。

2020年5月26日火曜日

【さくらの滝】2020年 サクラマスのジャンプが始まりました!!(北海道・清里町)

 毎年7~8月に川を遡上するサクラマスのジャンプが見られることで知られる北海道・清里町の「さくらの滝」で、今年(2020年)のジャンプが見られましたので、お知らせいたします。
 この5月は気温があまり上がらない日が多かった清里町ですが、昨日(2020年5月25日)は日中の気温が20℃以上となり、水温が高くなってサクラマスの動きが活発になっていると思われましたので、夕方4時過ぎに現地確認に行ってきました。
 この日は大気の状態が不安定で、清里市街からさくらの滝へ向かう途中に激しい雨に見舞われましたが、ありがたいことに到着時には雨も止んできました。
 今日はまだ飛んでないかな、と思いつつ、滝に向かう小道を歩いていくと…
          

 飛んでいました。なかなかの大ジャンプです。

 動画も撮りましたのでご覧ください。
 ①長いバージョン(約3分30秒)
②短いバージョン(約1分)お急ぎの方はこちらをどうぞ

【さくらの滝のご観賞について】ご注意事項・お願い事項
 一般に、日中気温が上がり、水温が高くなった日の夕方に活発なジャンプが見られることが多いです。したがって、気温の低い日は1日を通じてジャンプが見られる可能性は低くなります。特に5月~6月の清里町は、まだ気温が低い日も多いので、毎日見られるとは限りません。当然ですが、サクラマスのジャンプはあくまでも自然の現象ですので、ご理解の上、ご観賞をお願いいたします。

 なお、下の写真のとおり、観賞場所の先端付近は崩落の危険性がありますので、立ち入りを規制しております。例年より観賞場所のスペースが狭く、ご不便をおかけしますが、規制場所に立ち入っての観賞や撮影は絶対にやめていただきますようお願いいたします。
 
 さらに、コロナウイルスに係る緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き感染拡大防止の観点から、特に混雑時は他のお客様と距離をとっていただき、譲り合ってご観賞いただきますようお願いいたします。